DHCのファンデーションブラシの効果とお手入れ方法を口コミ

DHCから新発売されたファンデーションブラシ

DHCファンデーションブラシ

パウダー、リキッド、バームなど、どんなタイプのファンデーションにもお使いいただけます。

とのことで購入。

購入前、

「ホントに綺麗に塗れるのか?」「お手入れが面倒くさそう・・・」など悩んだのですが、

購入してみてホントよかった!ので口コミします。

スポンサーリンク
レクタングル大

DHCファンデーションブラシの効果!毛穴隠して自然なツヤ肌に

さてさて、ファンデーションブラシを使ってみて感じた効果としては3つあります。

  1. 毛穴が隠れる!
  2. ツヤが出る!
  3. 崩れにくくなる!

ヒミツは肌あたりにこだわったブレンド毛

このファンデーションブラシ、やわらかい毛なんですが、毛が短めでぎゅっと詰まっておりコシがあります。

DHCファンデーションブラシの毛

「ブラシでファンデーション塗るのって難しそう」

と思っていましたが、テクニックいらずで普通に塗れます。

肌に触れる部分は柔らかいのに、ベタッと顔につくことなく、ポンポンと塗れる感じ。

使い心地や肌へのやさしさにこだわり、太さ、長さの異なる毛をブレンドした特殊混毛のファンデーションブラシです。
適度なコシとなめらかな肌あたりで、厚塗り感のないナチュラルで美しいベースメークを叶えます。

とのことで、この独特の肌あたりは、計算されたものなのですね。

ファンデーションをとって、肌にポンポンと乗せ、最後に細かい部分を丁寧に馴染ませます。

スポンジよりも、細かな部分にファンデーションがフィットして、きれいに仕上がります。

スポンジで塗るのに比べて、ファンデが均一にムラなくつくからか、崩れやヨレも気になりません

今まで、フェースブラシなどは使ったことがありますが、全然違います。

弾力のある毛が、まるでクッションのように肌にあたる感じです。

ファンデーションブラシ

DHCファンデーションブラシのお手入れ方法・基本はティッシュ

さて、買う時に気になったのが「毎回洗わないといけないの?」ってこと。

面倒くさいじゃん!!

でも大丈夫、日々のお手入れはティッシュでクルクルと拭くだけでかなりキレイになります。

汚れが気になってきたら、「中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗う」のがいいらしい・・・。

(商品ページに書いてあった)

ここで疑問が。

「中性洗剤ってなに??」

何で洗うのがいいのか、DHCに電話して聞いてみました。

ファンデーションブラシの手入れは中性洗剤で・スポンジクリーナーはダメらしい

DHCにはメークアップ スポンジクリーナーという商品があります。

メークアップ スポンジクリーナー

これも「中性」。

でもDHCの美容相談室によると、

メークアップ スポンジクリーナーはスポンジ専用なので、ブラシの洗浄にはおすすめしません

とのこと!!

じゃあ、何で洗えばいいの??とお聞きすると、

「食器用洗剤など」とのお答えでした。

・・・・・・うーん、食器用洗剤でブラシを洗うのって、よくないという話もありますよね。

悩んだ私、さらに調べると・・・・。

美容科学者、かずのすけさんの著書、「しない美容」に載っていました!

最適なのがシルクやウールも洗える「おしゃれ着用洗剤」とのこと

(しない美容 70ページ「メイクブラシ&パフを食器用洗剤で洗うべからず」より)

・・・・おしゃれ着用洗剤は、非イオン系界面活性剤なので、素材をいためにくいんですって。

そういうわけで私は、「エマール」などで洗おうと思います(`・ω・´)!!

まとめ・DHCのファンデブラシは使いやすくてきれいに仕上がる

一本あると、ファンデーションの仕上がりがワンランクアップするファンデーションブラシ

パウダリー、リキッド、バームタイプなど、いろんなタイプのファンデーションに使えます。

使いかけになっていたリキッドファンデや、ケースのフチにちょっぴり残ったパウダーファンデも活用できそうです!

クルクルと滑らせると、肌がふんわりとカバーされ、自然なのにキレイに仕上げてくれます。

これは買ってよかったアイテムです。

今まで使っていたフェースブラシとの違いにビックリでした。

それではまた!!


一緒に購入したPAメルティングフィットファンデーションもすごくよかったです!

DHCから新発売の「PAメルティングフィットファンデーション」がとても良かったので口コミレビューします! バームタイプのファンデーションで、パウダーのように手軽なのにリキッドばりのカバー力です。 すっぴんとの比較写真あり。参考にしてみてください。
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする