アテニア新ファンデ【フュージョンスキンパウダー】口コミ・毛穴もシミも隠れた!

アテニアといえば、の、あの印象的なコピー。

一流ブランドの品質を、1/3価格で提供することに挑戦し続けます

その言葉に嘘はない、と思わせてくれる新商品が出ました。

フュージョンスキンファンデーション パウダーUVです!!

早速購入して使っていますが、税込2,160円でこの仕上がりはすごいと思う。

何がスゴイって軽い仕上がりなのに、毛穴とシミが隠れること。

しかも時間が経っても毛穴にファンデが溜まらない!!

目立つ頬のたるみ毛穴も、しっかり隠してくれる商品でした。

35歳の肌のアップ写真がたくさん出てきて見苦しいですが、興味のある方は見てみてください(;´∀`)。

スポンサーリンク
レクタングル大

アテニアフュージョンスキンファンデ―ションの効果・毛穴とシミ隠し

真球状の「スキントレーサ-粒子」で毛穴落ちしない

まず毛穴からいってみます。

私の毛穴は結構デカい。いわゆる「たるみ毛穴」ってやつですね。

ファンデーションを塗った直後は隠れているのですが、時間が経つと、ファンデが毛穴に溜まり目立ってしまいます。

①朝、他社メーカーのファンデを塗って夕方帰宅した肌

スマホの方は拡大して頂くとよく分かるのですが(笑)、頬の毛穴にファンデが溜まって目立ちます。

しかし、アテニアの「フュージョンスキンファンデ―ション」は、時間が経っても毛穴が目立たない。

②朝「フュージョンスキン」を塗って夕方帰宅した肌

フュージョンスキンファンデ おてごろ美容

もちろん毛穴が消滅するわけではないので、あるにはあるんですが、ファンデが毛穴に溜まらない分、目立たない。

これはまったく化粧直しをしていないので、お昼にきちんとお直しをすれば、もう少しきれいな状態を保てると思います。

この「ファンデが毛穴に溜まらない」というのは、フュージョンスキンファンデーションのコンセプトである、

あえて密着せず、むしろ肌の凹凸や表情の動きに合わせてなめらかにのび広がって、しなやかに動きにフィット。あなただけの「美しい肌」をつくります。

・・・という部分によるもの。

つまり、毛穴やシワが気になる肌に、ファンデーションを密着させようとすると、どうしても表情の動きによって崩れてしまう。

そのため、あえて密着させないというのが、この商品のコンセプトなんです。

これはファンデーションの粒子を「スキントレーサー粒子」と呼ばれる均一な真球状にすることで、毛穴やシワの凸凹にも、寄り添ってついていく設計にしてあるんだそう。

つまり、シワや毛穴をファンデーションで塗りつぶすんではなく、そのままもう一枚皮膚をトレースするようなイメージですね。

ファンデの粒子が真球状だと、何がいいのか?

さてここで、フュージョンファンデーションの粒子が真球状という部分が分かりにくいですよね。

そもそも、ファンデーションの粒ってどれも丸くないの?と思いませんか。(私は思ったぞ。)

これ、化粧品検定の試験にも出てきたんですが、ファンデーションの質感を決める粉体には、球状のものと板状のものがあるんですよ。

そして、それぞれ「メリット」が変わってくるんです。

板状の粒子の特徴

まず「板状」のもの。

(絵が下手ですみません・・・。)

板状の粉体は、肌にあたる光を反射板のようにはねかえすのが特徴。

そのため、つやつやとした輝きのある、若々しい肌を演出できます。

つまり、「ツヤ肌」に見せたい時にもってこいです。

球状の粒子の特徴

お次は「球状」のもの。

「フュージョンスキンファンデ―ション」もこちらです。

球状の粉体は、肌にあたる光を、さまざまな方向に拡散反射させる性質があります。

そのため、肌のすべすべでやわらかそうな質感を演出します。

いわゆる「マットな肌」を求めるならこちらです。

また、球状の粉体には、肌の凸凹をぼかす効果もあります。

アテニアのフュージョンスキンファンデは、この「球状」をさらに均一な「真球」状にしてあるんです。

そのため、塗りムラや、重ね塗りの時に一部だけ厚塗りになったりせず、肌の凸凹に寄り添って自然にカバーしてくれるというわけです。

シミを隠すカバー力

「フュージョンスキンファンデ」でもう一つ感心したのがカバー力です。

若い頃、ろくに紫外線対策をしてこなかった私の目元は、すっぴんだと悲惨です・・・。

残念なシミがたくさん・・・・( ;∀;)!!

でも、フュージョンスキンファンデは、下地+ファンデでこのくらいまで隠れます。

コンシーラーなどを使わなくても、自分としては大丈夫な程度に隠れました(笑)。

完璧を求める方は、コンシーラーなどプラスしてもいいかもしれませんが、私はこのくらいでじゅうぶん。

「フュージョンスキンファンデ」は、重ねて塗っても厚塗り感が出にくく、ムラになりにくいので、気になる部分に重ね塗りできるのがいいです。

これも、均一な真球状の「スキントレーサー粒子」の成せるワザなんでしょうね。

フュージョンスキンファンデーションのデメリットと解消法

デメリット、というか「好みによって、好き嫌いがあるかな」と思うのが仕上がりがマットゆえに、ツヤ感は感じない!!

私は顔立ちが地味なので、「華やかさ」を出すには物足りないです・・・。

特に、今まで使っていたファンデーションが「つや感」をウリにしたものだったので、そのギャップから「フュージョンスキン」は単体ではちょっと地味というか、「華やかさ」が物足りない気がしました。

シミや凸凹をしっかりと隠してくれる分、「きちんとした印象」「ととのった印象」の肌になるというか。

もし、若々しい輝きや、ツヤ感が欲しいならハイライトパウダー等足した方がいいかも。

私は、必ずチークとハイライトパウダーを使っています(^^)/。

・・・・まぁこれは、完全に好みの問題だとは思いますが。

こんな方むけのファンデーションです

35歳の毛穴とシミを、がっつり隠してくれるフュージョンスキンファンデーション

お気に入りポイントは以下の3つです。

  1. ファンデだけで、毛穴とシミがしっかり隠せる
  2. 時間が経っても毛穴が目立たない
  3. コスパがいい

わたしと同じように、

「高い化粧品は買えないけど、お手ごろ価格で毛穴やシミをきれいに隠すファンデが欲しい」

「時間が経っても毛穴落ちしないファンデが欲しい」

・・・という方には使えるファンデです(^^)/

非常にサラサラとした塗り心地で、塗ってる感じも心地いいです。

どなたかの参考になればいいのですが・・・!

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする